北京へ就航するパキスタン国際航空

パキスタン国際航空は、世界各国に便を出している航空会社です。
美しい民族衣装のシャルワール・カミーズや文化遺産など魅力的な国です。
日本と北京を結んでいることでも知られており、多くの方が利用しています。
こちらでは、そんなパキスタン国際航空について、概要やサービス内容を見ていきましょう。

パキスタン国際航空は世界各国を繋ぐ航空会社

パキスタン国際航空は、パキスタンを代表する航空会社となっています。東京や北京を含むアジア各国や、中東、ヨーロッパ各国、北アメリカなど、幅広いエリア・都市に就航しています。パキスタン国際航空の特徴として挙げられるのは、そのイスラム色の強さです。
たとえば、フライト前に機長がコーランの祈りをささげたり、着陸時に機内アナウンスでコーランの一説が流れたりといったイスラム文化がさまざまなところで取り入れられています。

パキスタン国際航空のサービス内容

インダス文明発祥の地であり、人気アニメ映画の舞台のモデルとなったと噂される大自然や古代遺跡のあるパキスタン。
パキスタン国際航空には、ビジネスクラス、エコノミープラス、エコノミークラスという3つのクラスが設けられています。
このクラスによってサービス内容は大きく変わってくるのです。
たとえば受託手荷物でいうと、ビジネスクラスで合計30キロを2個まで預けることができるのに対して、エコノミープラスで25キロを1個、エコノミークラスで20キロを1個となります。また、飛行機の機内食の内容も異なっており、クラスが上がるごとに上質なサービスを受けられるようになります。
少しでも旅を快適なものにしたいという方は、高いクラスを選ぶことをおすすめします。

よりお得に旅行をするなら格安航空券を利用しよう

旅行をする際にやはり気になるのは旅費でしょう。北京は比較的日本から近い場所にありますが、それでも航空券の料金は気になってしまうものでしょう。
そこでおすすめなのが、スカイチケットが販売している格安航空券の利用です。
格安航空券は、最低限に機内サービスや設備を抑えることで、リーズナブルな料金で提供されている航空券のこと。

最低限とはいっても、もちろん不便がないように配慮はされているため、なんの心配もありません。どうしても、ハイクラスなプランに比べるとサービス内容は少なくなってはしまいますが、リーズナブルさ優先で旅をしたいという方にはぴったりなものだといえるでしょう。

パキスタン国際航空においても、格安航空券はありますから、少しでもお得なチケットを探しているという方は、ぜひ格安航空券を探してみてください。飛行機代を節約することで、北京の現地で使えるお金も増えますから、旅が充実したものとなるはずです。

北京に行くなら全日空がおススメ

全日空は日本を代表する航空会社で、世界的にも高く評価されています。
シートや機内食、エンターテイメントなどには力を入れていて、顧客満足度が高く、出張するときはANAと決めているサラリーマンもたくさんいます。
そんなANAが特に力を入れているのがアジア路線で、中国の北京や上海、香港、東南アジアの地域になどにはたくさんの便が就航しています。

毎日たくさんの北京便が就航

ANAの北京便は成田空港からは毎日1便、18時20分に出発するボーイング787が飛んでいます。その他にほかの航空会社が運航するコードシェア便も毎日1便飛んでいます。そして羽田からは毎日2便の北京便が飛んでいます。9時25分に出発する787と17時20分に出発する777です。
その他に他の航空会社とのコードシェア便が毎日4便飛んでいます。東京から出張などで北京に行くときは羽田空港の方が便利ですので、毎日計6便飛んでいるというのはうれしいです。

そのほかには関空からも毎日1便、10時に出発する小型の737が飛んでいます。そのほかにコードシェア便として3便が飛んでいます。またそのほかには札幌、名古屋、福岡、函館、仙台、広島、沖縄から、他の航空会社のコードシェア便が毎日1便ずつ飛んでいます。
北京は中国の首都ですので、中国全土へのハブ空港になっています。このためANAはコードシェア便も含めてたくさんの便を、日本から北京に就航させて、中国の地方都市に出張するビジネスマンや、観光でたくさんの人が北京で乗り継いでいます。

エコノミークラスでも十分快適な空の旅

飛行時間は東京からだと約4時間、関空からだと3時間強とそんなに長いフライトではありませんが、エコノミークラスのほかビジネスクラスもありますので、ゆったり旅行したい人にはこちらがおススメです。しかしANAはフルサービスの航空会社ですので飲み物や機内食も出ますし、座席の間隔も広くなっていますので、エコノミークラスでも十分です。

運賃は6万円くらいから

運賃は早めに予約をすると往復で6万円くらいから利用できます。日本から北京へはいくつかの格安LCCが就航していますが、LCCを早めに予約をすると場合によっては3万円くらいの格安なチケットが利用できますが、出発間際に予約をするとANAなどのフルサービスの航空会社と変わらなかったり、むしろ高い場合もあります。
ですのでスケジュールが決まったら早めにANAなどを予約をするのがおススメです。

北京へ就航する中国国際航空について

中国の首都、北京へは多くの日本人が訪問しています。この北京へ仕事で行かれる方、観光で行かれる方は様々でしょうが、ここでは、北京に離着陸する航空会社と知られる中国国際空港について評判やメリットについてご紹介しましょう。

日本から直行で行ける

まずは日本から北京まで直行で行けるということが便利な点だといえるでしょう。確かに距離もそんなにないとはいえ、最近では韓国や台湾を経由して北京まで行くなど、ちょっと面倒な経由便を安いがために選ぶという方もいます。ですが、中国国際空港であれば乗り継ぎの手間や不安も省けるので、ストレス緩和となる航空会社です。しかも、さすがに人気路線ということもあって、1日1便のみというわけではありません。2,3便は場所によっては通っていますし、東京に関していえば、成田空港からも羽田空港からも出ている便利な航空会社となっています。

値段が比較的安い

1番うれしいのは、中国国際空港は、比較的安い航空会社だということです。
経由便を使った航空会社よりも直行便である中国国際空港の方が値段が安いということがよくあります。
予約方法は、大きく分けて2つあります。
旅行会社を通じて予約か、直接航空会社のホームページや旅行サイトからインターネットで予約です。
簡単に航空チケットを手に入れることができるというのも、この航空会社を使用するメリットだといえます。

北京から中国国内の主要都市への便も良い

さらに、中国へ行くけど、北京から違う中国の都市に行きたいという時にも、中国国際空港は便利な航空会社なのです。なぜなら、中国は広いのは皆さんご存知だと思いますが、その広い中国の主要都市への路線を網羅しているので、地方へ出張、もしくは観光へ行くという方にとって、この航空会社を選ぶことで国内線の乗り継ぎがスムーズに、そして何かあった時に航空会社が同じだと連絡が行きやすいのでとても便利です。

機内はアルコールサービスもある

お酒好きの方は確認しておいた方がいいのが、アルコールのサービスです。
ほかの航空会社では、気圧による健康問題やコスト削減のためにすでにアルコールが近距離路線の場合無料で提供されないなんてこともありますよね。
しかし、中国国際空港はそういった航空会社とは異なり、無料でアルコールが日本北京間の近距離であっても飲むことができますので、機内で飲むのが楽しみだという方には存分に満足していただけます。
機内食も特に劣るということはなく、通常の機内食を味わっていただくことができます。

快適な日本航空で北京に行こう

日本航空は日本のフラッグシップで、世界的にも有名な航空会社として知られています。アメリカやヨーロッパ、アジアなど世界中の都市に就航していて、日本人のみならず世界中の人に愛されている航空会社です。特にアジア路線には力を入れていて、中国の北京や上海をはじめとして、コードシェア便などを使って中国のさまざまな都市と日本を結んでいます。

毎日3便が運航されている

日本航空の北京への便は羽田空港と成田空港から毎日就航しています。そのほかに関西空港と北海道の旭川空港からはコードシェア便で他の航空会社が運航しています。羽田空港からは毎日2便、朝の9時10分に出発する便と夕方の16時50分に出発する便が運航されています。
この羽田便は最新のボーイング787で運行されていて、ビジネスクラスとエコノミークラスが設定されています。

羽田からは毎日2便が787で運行されている

787はとても乗り心地が良いことで知られています。ボディが炭素繊維でできており錆びにくいため、加湿器が設置されていて機内は乾燥しにくくなっていますので、飛行機に乗った時にのどがカラカラになるという人も快適に移動できます。

また飛行中機内は従来の767や777に比べて静かになっていますので、睡眠もとりやすいです。そして成田空港からは毎日1便、18時10分に出発しています。こちらの機材は737という小型の機材ですが、ビジネスクラスもついています。737は787以前のモデルのため飛行中の音が大きめではありますが、気にならないレベルです。

日本航空ならゆったり旅ができる

日本航空はフルサービスの航空会社ですので、飲み物や機内食はきちんと出してくれますし、シートの間隔も広くなっています。
またLCCのように荷物を預けるときの追加料金も不要です。そして飛行時間は約4時間ですので、エコノミークラスでも十分快適に移動できます。
エコノミーでもLCCとは違って体が大きな人でも狭いと感じることはあまりないと思います。最近はLCCがたくさん乗り入れるようになりましたが、中国と日本を結ぶLCCの便は上海便が多く、北京と日本を結ぶLCCは少ないのが実情です。日本航空だと運賃が高いのではないかと思いがちですが、早めに予約をすると往復40000円以下で利用できます。
格安航空会社は安く旅行ができますが、日本航空のようなフルサービスの航空会社で旅行するものよいでしょう。

北京へ就航する中国東方航空

北京は日本でも人気のある海外旅行先です。万里の長城、天安門広場、シーチャーハイなど、有名な観光スポットが多数点在しています。
では、日本から北京へのフライトを行っている航空会社には、どのようなところがあるのでしょうか。
ここでは、そのひとつである中国東方航空についてご紹介していきましょう。

中国東方航空は旧民航系航空会社の中では最大級のひとつ

中国東方航空は、東航とも呼ばれる、中華人民共和国の航空会社です。
中国の三大航空会社のひとつに数えられており、全世界で180か国以上、1000を超える都市に就航しており、巨大なネットワークを形成していることが伺えます。
また、スカイチームに所属しており、東方万里行の会員になることで、全世界500以上の空港においてラウンジを利用することができるようになります。
世界的な評価も極めて高く、細かいところまで行き届いたそのサービスが多くの旅行者に認められている航空会社です。
日本においても、多くの旅行者に利用されており、東京からは北京をはじめ、上海、南京、西安など複数の都市へ便が出ています。

機内でのサービスが充実!

旅慣れてくると機内での環境にもこだわりがでてきます。
中国でも有数の航空会社である中国東方航空では、機内でのサービスも充実しています。
機内食はファーストクラスで3種類から選べるメインディッシュを採用、また朝食はメインディッシュ2つから選べます。
また、ビジネスクラスでは、メインディッシュ2種類、朝食もメインディッシュ2種類から選べ、エコノミークラスでもメインディッシュ2つから選べるという充実の内容です。
各機内販売も用意しており、フライト中の不自由は全くありません。
また、日本からの便においては日本人のフライトアテンダントを配置しています。
これならば、日本から北京へ旅行に行くという方も安心して登場することができるでしょう。

複数のマイレージプログラムにも対応

中国東方航空では、複数のマイレージプログラムに対応しており、マイルを加算することができるようになっています。
日本の航空会社とも提携があるため、今まで自分が貯めてきたマイレージプログラムへの加算をすることができる可能性が大いにありますので、一度確認してみましょう。
マイルは、旅をお得に楽しむためのポイントとなる制度ですから、ぜひ活用したいところです。頻繁に出張・旅行にでかけるという方は特に、マイルを利用しつつ、中国東方航空で北京の旅に出かけてみてはいかがでしょうか。